2013年11月05日

次亜塩素酸水クリーンキラA ノロウイルス対策

ノロウイルス対策に次亜塩素酸水クリーンキラーA



次亜塩素酸水


11月になりました。


今年も残すところあと2ヶ月になりますね。


気温も下がり空気も乾燥する。


朝晩の気温の差が大きくて体調を崩しやすい季節でもあります。


体調管理をしっかりして年末の忙しいシーズンを乗り切らないといけませんね。


さて、前回も書きましたノロウイルスについてまた書いてみます。



先日、某有名ファミリーレストランでノロウイルスが原因の食中毒がありました。


これからの時期、飲食店・宿泊施設・介護施設・病院などいろいろなところでノロウイルスの集団感染がニュースに出ると思います。

100%の準備をしても防ぎきれない可能性のあるのがノロウイルスです。感染力の強さと消毒の難しさこの2つを兼ね揃えている厄介極まりない「チートウイルス」ですね。


病院や介護施設でノロウイルスが広がるのはなぜ?



入院中の患者さんがノロウイルスに集団感染なんてニュースをよく聞きます。


例えばノロウイルスを入院している患者さんが患ったとします。


その患者が「オムツ」をしていたとします。


看護師さんか看護助手さんがオムツを交換します。


この時に下痢を確認するとします。


看護師さんや看護助手さんが「下痢=ノロウイルス」って判断になって初期に適切な対応を取ればノロウイルスの院内感染は防げると思います。ノロウイルスを疑って検査、消毒の徹底ですね。


それを「お腹こわしてるだけかな?少し様子を見よう。」「上司の報告は後でしよう」と思って次の患者さんの処置に行くと、これはやばいですね。


これを担当した看護師さんや助手さんがノロウイルスを拡大する手助けをすることになってしまいます。そしてそれが連鎖的に増えていき病院のスタッフほとんどがノロウイルスを持ってしまうわけですね。


院内感染の怖いところです。


不特定多数の人が使うトイレも危険です



上の文章を読んで頂ければ何が危険かはもうお分かりだと思います。


不特定多数の人が利用するトイレはいろんな菌やウイルスが満載です。


使用後の手洗い、消毒はこれからの時期は必須です。



ノロウイルスの消毒は次亜塩素酸系で消毒を



アルコール消毒が効かないノロウイルスも次亜塩素酸には効果があります。


次亜塩素酸とはハイターやカビキラーなどに使われている物質です。



そんな中でノロウイルスにかなりの効果があるのが次亜塩素酸水クリーンキラーAです。


次亜塩素酸水

スプレー容器に入れて吹きつけるだけで瞬時にノロウイルスを除菌する優れものです。


トイレに置いて使用するたびに吹き付けるだけで吹き付けた箇所の消毒ができます。便器、蛇口、ドアノブ、手指に吹き付けるだけです。



これから寒くなりノロウイルス・インフルエンザなどが猛威をふるいます。一家に一つ必需品です。ぜひ一度お使いください。


今日紹介するのは「次亜塩素酸水クリーンキラーA」です。




ヘアーサロンアップ


おすすめ!美容室専用シャンプー・トリートメントの紹介



<ブログ運営中>

fc2ブログ seesaa webry ココログ はてなブログ ライブドアブログ ジュゲム 忍者ブログ エキサイトブログ gooブログ アメーバブログ ヤプログ

posted by にゃんきち at 19:46| Comment(0) | 次亜塩素酸水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。